サイト内検索:

本日のトラベルボイスからの記事です。

エクスペディア、宿泊施設の写真が与える予約成約率への影響を実証実験、バスルーム画像などが好影響

ざっと記事の概要を述べると、写真撮影のノウハウや撮影をする時間のない宿泊施設に対してエクスペディアが各施設の改善点を分析して写真撮影などのサポートを実施し、その結果、宿泊予約泊数が前年比150%〜900%と大幅に増えたそうです。

ボク自身、開業前に競合となるホステル・ゲストハウスの予約サイトを見てて、意外と掲載写真についてきちんと取り組んでいるところは少ないなあ、感じました。宿泊予約サイトの施設紹介ページ9割は写真ですからこれは本当にもったいない!

この業界「Do It Yourself」が良しとされるところもあります。しかし、実感として写真がおよぼす影響はとても大きい。あなたがセミプロ級の腕前とかでないなら、写真撮影は絶対プロに頼んだ方がいいと思います。

今回紹介した記事の中では、解像度は2880ピクセル以上。枚数は1件あたり20枚以上で部屋タイプごとに4枚以上。アメニティの写真を加えることも推奨しています。そしてバスルーム写真は必須とのこと。ゲストが滞在したときの視点やシーンを考えて一通りの写真を揃えるべきです。

さらにボクが予約サイトの担当営業の方からいただいたアドバイスでは、ホステルゲストハウスの場合さらにドライヤーとかの写真も大切ということでした。たしかに効果的でした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-17-50-44

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。