サイト内検索:
no

すこし前の京都新聞の記事です。

京都でゲストハウス急増、毎月20件以上開業 訪日客増が追い風

もうねえ。猫も杓子もゲストハウスです。あっちこっちで「ゲストハウスが儲かると聞いた・・・」だの「マンションを賃貸にするならゲストハウスの方が収益がいいと聞いた・・・」との相談しきりです。

上記の記事にもありますが、現在京都市内の簡易宿所は1000件以上あります。この中にはお寺の宿坊や一棟貸しやカプセルホテルなども含まれてますが、大多数、しかも近年申請されたものはほぼゲストハウスです。

おそらく今年も何百件と開業するでしょう。同業者の方々と話しをしていても、昨年でその兆しが、そして今年の時点で京都の宿泊は供給過剰になるだろうというのが業界にいる人間の肌感覚です。

余談ですが、通常、京都のゲストハウスのドミトリーの平均的な料金は2000円台後半。最もローシーズンであるこの1月の安値が1,000円台前半です。で、稼働率がどんなもんでしょう?50%いくかどうか・・・。これでやってけますでしょうか??

宿をオープンさせりゃあ儲かる、とかそんな時代はもうとっくに終わっていますよ。

京都でゲストハウスをやろう、と計画をしている人。あるいは、すでに走り出している方は自店の強みや同業他社の動向など、しっかりとリサーチして臨むべきだと思います。

ちなみに「京都市内にどれだけ、どんな宿泊施設があるのだろう?」という方に参考になるのがこちら。京都市のデータサイトで公開されている「旅館業法に基づく許可施設一覧」。京都市内で旅館業許可を得ているすべての施設が記載されています。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。